コラーゲン不足による体への影響

コラーゲン不足による体への影響

コラーゲンは体に必要不可欠な成分です。そのため、コラーゲンが不足すると、さまざまなトラブルが体中に生じます。
たとえば、関節が変形し歩行に障害をきたしたり、骨が弱くなりヒビが入りやすくなって骨粗鬆症を起こすことも考えられます。
また、コラーゲンは血管にも含まれているため、それが不足すると、血管の内壁がもろくなることで出血しやすくなります。そうなると、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞と言った危険な病気の原因にもなります。
コラーゲン不足の影響は髪にもあらわれ、ツヤがなくなったり、枝毛が目立つようになることもあります。
弾力やコシもなくなり、バサついた弱々しい髪質に変わっていきます。
これらはコラーゲンを作るペプチド鎖間が、加齢によって異常を及ぼすことが原因です。そうなると、コラーゲンが硬くなり、弾力やハリなどが減少していき、上記に挙げた状態に変化していくのです。
コラーゲンは美容成分として有名ですが、肌のコラーゲンが不足した場合には、たるみやシワの原因になり肌が衰えていきます。
それを防ぐためには、コラーゲンドリンクやサプリメントなどでコラーゲンを十分に補給する必要があります。
コラーゲンは20代を過ぎたあたりから減少していくとされており、若々しい健康体を維持するためには、コラーゲンを十分に摂りいれましょう。
コラーゲン不足は体と肌に影響をあたえるため、肌の老化を感じた場合はコラーゲン不足と考え、コラーゲンドリンクなどを利用して積極的に取り入れていきましょう。