種類豊富なコラーゲン

種類豊富なコラーゲン

コラーゲンは約30種類もあるとされています。
30種の中でも、特に多いのは”T型”で、これは骨や皮膚の元となります。
”U型”コラーゲンは軟骨・関節に多く、”V型”コラーゲンは血管に含まれていると、コラーゲンはそれぞれ役割があります。
これらの中で、美容と密接な関係にあるのが”T型”と”V型”コラーゲンです。
どちらかというと、T型の方が関係があり、これを摂取すると肌に弾力が生まれます。
このようなコラーゲンを摂取するためには、飲み易いコラーゲンドリンクがお勧めです。そのコラーゲンドリンクには、原材料が明記されています。コラーゲンドリンクが何から作られているのか把握する必要があります。
原料によってコラーゲンを大きく分類すると「動物性」と「海洋性」の二つになります。
動物性コラーゲンとは牛・豚・鶏のタンパク質から抽出されており、熱に強い特徴があり扱いやすいとされています。そのことからか、昔から動物性コラーゲンが利用されています。しかしながら、動物性はニオイが強く、さらに元となる動物の飼育家庭で抗生物質が使用されると残留薬品の心配が出てくることから、動物性は徐々に人気が下がっています。そこで、海洋性が利用されるようになりました。
海洋性コラーゲンは動物性と比較すると安全であり、体内の吸収率も高いので、即効性が期待できます。動物性で気になるニオイも、それほど気になりません。ただ、熱には弱いという欠点がありますが、美肌効果には長けています。
コラーゲンドリンクを利用する際は、原材料もよく調べ安全性の高いものを利用しましょう。